優良アプリランキング登録無料
セフレアプリBEST5
セフレと出会うなら迷わずこのアプリ!

 

このサイトで使われる「セフレアプリ」とはどういう意味かを伝える前に、このサイトがどういう目的でつくられているのかを、簡単に説明しておきましょう。

 

このサイトは、ネット上のコミュニティのなかでも、いわゆる「出会い系アプリ」についてまとめたものです。
ここでは、そのなかでも「セフレアプリ」についてまとめています。
ただ、このアプリは実在していません。「セフレを探す為のアプリ」をそう呼んでいるに過ぎません。このことは、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

 

また「セフレを探す為」といっても、これは探して見つかるものでもありません。さらに、もともとはセックスフレンドという意味がありますから、最低でも一定期間はその関係が続くことのが本当です。ところがネット出会いに於けるそれというのは、多くても二回か三回、セックスをすればそれで終わりという短さで、むかしからフリーセックスを楽しんでいる方からすろと「それって、意味として正しいのか」といった疑問も湧いてきます。

 

しかしネット上の出会えた(出会いたい)ひとにとって、「セフレ」=「ネット上のサービスを介して出会えた人(もちろんセックス込みではある)」というふうに変わってきているのが現状。そういう相手を探すためのものが「セフレアプリ」というわけです。まあ、言葉としてはまだ出来てはいませんが(つまり造語というわけです)、対象としては出会い系のものを指しますので、そのような解釈でも問題はありません。

 

まとめますと、「セフレアプリ」=「セフレを探す為のアプリ」=「ネット上にある出会い系」などの総称です。言葉の意味についてはこれで良いでしょう。つぎに出てくる疑問が、その種類はどこまで広がっているのかということです。そこでアプリの種類についても触れておきましょう。

 

セフレアプリBEST5
セフレと出会うなら迷わずこのアプリ!

セフレアプリの種類

それでは「セフレを探す為のアプリ」の種類について触れておきます。

 

種類としてはつぎのようなものが含まれます。

 

優良出会い系アプリ
婚活アプリ
悪質詐欺系出会いアプリ
fb系恋愛・婚活アプリ
出会い機能が備わっていないチャット系アプリ

 

種類のほうは大体この五つに集約されてきます。このなかでもっとも「セフレアプリ」らしいのは優良出会い系アプリでしょう。婚活アプリやfb系恋愛・婚活アプリも、悪質詐欺系出会いアプリではないので十分使えるわけですが、セフレと仲良くなれる可能性が高いのはハッピーメールやPCMAXといった優良出会い系アプリです。婚活アプリになると結婚を前提とした交際が中心になるため、出会いに個人差が出てきます。そういう意味ではfb系恋愛・婚活アプリも同じです。

 

でも、優良出会い系アプリは、ここで出会った人とは結婚を前提としてはいません。さらに言うなら、優良出会い系アプリで出会った人とは結婚までは考えないという人が多いのではないでしょうか。というのは、本命がいても浮気をする人が出会い系のユーザーには非常に多いからです。自分自身もそうだから分かっているかとは思いますが、出会い系アプリは人妻のユーザーも非常に多いのです。これは婚活サイトではなかなか考えにくいことです。ただ、遊ぶ人を探すなら、優良出会い系アプリ以外には考えられません。だから「セフレアプリ」に最適なのは出会い系サイトなのです。

 

悪質詐欺系出会いアプリは100%だますことを前提にしたところで、通常サイトを使った時点で課金されます。サイトを使った時点とはどういうことなのかというと、届いたメールに返信した時点で課金されると思っている人もいますが、現実はもっとシビアで、サイトにメールアドレスを登録した時点で課金が始まると考えたほうが良いでしょう。
悪質詐欺系出会いアプリの入口は、人妻熟女サイトやご近所セフレといった、用途別の無料登録をウリにしたところが今でもたくさんあります。詐欺サイトの餌食にならないためには、それなりの知識・経験が必要ですが、初心者は次のサイト名以外は登録しないようにすると良いでしょう。

 

ハッピーメール
ワクワクメール
PCMAX
ミントC! Jメール
YYC
イククル

 

これは優良出会い系アプリですが、ここ以外は使わないことです。

 

なお「出会い機能が備わっていないチャット系アプリ」も「セフレアプリ」の種類のひとつとして挙げましたが、「出会い機能が備わっていない」のでこれだけでは出会えず、別途LINEのID交換などが必要です。こうしたアプリは無駄になりますから、どうしても興味がある方以外は、とくに薦めるものではありません。

 

無料アプリは使わない

すでにサイト名まで挙げてみたわけですが、ここではユーザーに薦められる「セフレアプリ」の特徴を、もう少し別の見方でまとめてみたいと思います。

 

優良出会い系アプリというのは、お金の面でも有料なのです。ですから悪質詐欺系の餌食になりたくなければ、無料のサイトは使ってはいけません。とくに無料であることをウリにしたサイトは要注意です。
またこれは、有料だから安全というわけではありません。最終的にだますサイトは有料サイトだからです。無料サイトというのは、ユーザーからアドレスを集めるだけの役割を果たしているところが多く、そこから誘導や同時登録などで有料サイトに登録されます。そこでの課金が尋常ではないのです。

 

優良出会い系アプリは、男性だけ有料で女性は無料です。しかも登録した当初はたくさん無料ポイントがつき、それだけで一人目に出会える人もいます。また登録してからも無料でポイントがもらえます。つまりサービスポイントが少しずつつく計算になります。もちろん、サービスポイントだけでは足らないので自分でもポイントを購入しますが、そのうち幾らかはサービスポイントが補填されるのはやはり嬉しいです。

 

ただこうしたサービスも有料運営だから継続できるのです。ハッピーメールも出会い系サイトの前は無料の掲示板サイトでしたが、今後ネット利用者が増えていけば、ずっと無料でというわけにはいかないと判断しました。
まずサポートにも力を入れなければならないでしょうし、サイトセキュリティにも予算を割かないといけないでしょう。無料運営の果てが業者の巣窟となっては運営者も困りますが、ユーザーも使えないサイトとなってしまいます(「スター・ビーチ」注1が良い例です)。「セフレアプリ」も基本は有料ですので、そのつもりでサイトを選んでください。

 

また「セフレアプリ」は有料サイトだと言いましたが、普通に使えば3000円前後で済むはずです。出会い系アプリの標準的な料金設定は1pt=10円で、メール送信が片道5pt(50円)となっています(Jメールは片道70円)。これ以上かかるところはみなさんに避けて欲しい悪質詐欺サイトの可能性がありますので、十分注意してください。

 


1)「スター・ビーチ」は携帯電話・PHS向けのメル友募集サイト。大好評の「Friends!」サービスは1999年12月に運営を開始してから2009年まで続いたが、同年、いわゆる出会い系サイト規制法(改正案)が施行されサービスを終了した。後年はスパムメールの業者の標的にもなっており、会員も援助交際・売春を目的とした投稿が多かったことが問題となっていた。

悪質アプリの特徴は

それでは人に薦めたくない「セフレアプリ」はどんなものなのでしょうか。
先ほどの記事からもわかることかもしれませんが、最終的には法外な料金設定の有料サイトに誘導・同時登録されてくるわけです。ですから悪質詐欺系出会いアプリも有料サイトであることは違いはありません。ただそこに行き着くには、セフレサイトや熟女・人妻サイトといった無料サイト経てくることが多いのです。なので無料のセフレ出会いサイトを避けてください。

 

もちろん無料サイトに引っかからなくても、悪質詐欺系出会いアプリをさまざまなカタチで宣伝するサイトも注意しなければなりません。たとえば悪質詐欺系出会いアプリを一方では悪質とし、自分で薦めたいサイトをかならず出会えるサイトとして、ユーザーに誤解を与えることも横行しています。

 

また悪質詐欺系出会いアプリを、「神待ちサイト」として宣伝しまくっているところもあります。このように「熟女」「人妻」「セフレ」「神待ち」など、それらしいキーワードを使っているところはあやしいと思ったほうが良いです。
(このサイトも「セフレアプリ」という言葉を使っています。ただし、「セフレアプリ」という言葉の意味についても冒頭の記事でしっかり説明させてもらっていますし、「セフレ」という言葉は戦略的に使っているものです。このサイトと詐欺系出会いサイトを宣伝しているサイトとは違う、ということはお分かりいただけるのではないでしょうか)

 

話しを戻しましょう。無料サイトと悪質詐欺系出会いアプリを宣伝しているサイトは、要注意というところまでは分かっていただけたでしょうか。次は悪質詐欺系出会いアプリ本体です。そのサイトが悪質詐欺系出会いアプリだと分かる方法は、そのサイトの料金設定を見ればすぐです。メールの送受信が500円ぐらいの設定になっているのです。通常は送信だけで50円です。受信は料金がかかりませんので送受信で50円ということです。

 

これが10倍としても、500円でおさまる話しなら、それほど高くはないと思ってしまいますが、メールの数が尋常でなければどうでしょうか。それに、この時点ではほとんどの方が料金の確認が済んでません。ずっと無料という頭で来ていますから、ほとんどの人が無料と思い込んでいるかもしれません。
しかも出会い系アプリなら女性に料金がかからないことになっているのですが、最近の詐欺サイトは女性もだませるだけ絞り取ろうとします。

 

なお、詐欺サイトの料金は利用規約に記載されています。普通なら、もっと分かりやすいところに記載するものですが、悪質詐欺系出会いアプリの場合はちょっと違うのです。

悪質アプリの騙しの手口

「セフレアプリ」として、悪質詐欺系出会いアプリだけは使いたくはないですが、どういう手順で実際だまされるのかは、知らない方が多いのではないでしょうか。ここでは、悪質詐欺系出会いアプリのだましの手順について、簡単にさらっておきましょう。

 

まず無料サイトに登録すると、登録したアドレスのメールが届きます。そして何度かやりとりしたあと別のサイトを紹介されます。言い方としては、そちらのほうがサイト内のメールが使えてやりとりが楽だからとか、見て欲しい写真があるからなどといったものです。
このような人の力でサイト誘導するものもあれば、無料サイトの登録したけれど何も反応がなく、突然「こちらに代理登録されました」と知らないサイトを使うハメになるというのもあります。後者のほうが、手間が掛からりませんので、こちらのパターンが多くなっているようです。あとは登録した先が有料の詐欺サイトということもありますし、もう一つ誘導されてから詐欺サイトにたどり着くこともあります。

 

このあとは、異性から頻繁にメールが届きますが、ちゃんとした異性ではなく同性の相手かもしれません。そして良いタイミングでメールを途切らせます。なかには会う約束までしてドタキャンということもありますし、いろいろですが、なんでメールが急に途切れたのかも分からず、失念しているころにはじめて料金の請求メールが届き唖然とするわけです。

 

こうした詐欺サイトでも、メール送信数をもとにだました金額を集計していることにも驚いてしまいます(正確な数は拾ってはないにしても、まったくデタラメではないようです)。もちろん、請求金額に納得できなけれれば支払わなければ良いのですが、相手に電話をしてしまう人は、支払ってしまう人も多いということです。
数万円で済む話と考えて、手痛い授業料と思って払ってしまい、今後は二度と同じ目に遭わないと誓えるなら、それはそれで良いことかもしれません。ただ、不当請求であることはたしかなのですから、自治体の消費者センターに相談してみればたしかなのではないでしょうか。大抵は払わないで済む内容のはずです。

合法なセフレアプリとは

「セフレアプリ」とは、むかしで言うところの「出会い系サイト」と言い換えることが出来るわけですが、これはスマホの普及と兼ね合いがあり、出会い系サイトと呼ぶことに古臭いイメージがあるのではないでしょうか。

 

しかし「出会い系サイト規制法」という法律が、わずか数年で古臭いイメージを持たれるとは、制定当時のことを考えると、やや想定外といわざるを得ません。はじめは2003年に制定された「出会い系サイト規制法」が、事業者の届出が義務化となり、年齢確認の方法がいま為されれているように厳格化されたのが2008、2009年のことです。僕などはつい最近のことのように思うのですが、この5、6年で起きたことは当時のものを一気に古臭くしてしまう変化をもたらしたと言えるでしょう。

 

何と言ってもガラケーからスマホへのシフトの早さは、ちょっとしたセンセーションでしたし、スマホでもレイアウトが崩れないように出会い系サイトも様変わりを余儀なくされました。そして数多の出会いアプリが登場しましたが、そのとき気がついたのが、「出会い系サイト規制法」が適用にならないコミュニティアプリの数も非常に多いということで、「出会い系サイト規制法」がいかに抜け穴が多い法律かと驚いたわけです。

 

でも僕の見る限り、スマホのアプリで混乱した状態からは抜け出ていると考えられます。これは出会い系サイトがスマホユーザーからも安全性を認められたからだと思います。むかしから定評のある優良サイトは、そう簡単に潰されたりはしないということです。こうしたむかしからある「セフレアプリ」は利用者が18歳以上であることを年齢確認していますが、詐欺サイトも一部でこれを実施しているようです。やっている中身は知りませんが、18歳未満のユーザーは対象から除外しているようです。とりあえずは大きな変化ではなでしょうか。

 

最近では優良出会い系アプリのアダルト掲示板も、一時の業者だらけの空間ではなくなっています。「出会い系サイト規制法」で目の敵にされた出会い系サイトでしたが、身につけた自浄能力を意外なところで発揮しています。「セフレアプリ」はこれからが面白い時代になっていくのではないでしょうか。

セフレアプリの会員数

セフレアプリの活況度を示すのが会員数データです。しかしこのデータを鵜呑みにする人は、初心者以外にはまずいません。なぜなら会員数の表示が未だに累計だからです。累計の意味は分かりますが、累計の会員数とはどういうことでしょう。まさかいままで登録してくれた数を足したものが会員数の意味なのでしょうか。僕は出会い系アプリに関しては一定の評価をしていますが、会員数の表示方法については未だに疑問です。

 

結局アクティブユーザー数が分からなければ、どのサイトがもっとも利用されているかも分からないのです。おそらくということでしか言えませんが、2013年時点でもっともアクティブユーザー数が多い「セフレアプリ」はハッピーメールです。ただ調査した夜の時間帯で500万人もの利用者数があったとするのは眉唾物です。日本の人口が約1.273億人ですが、どれだけ「セフレアプリ」がメジャーなんだという話しです。どれほど出会い系アプリの人気がすごかったとしても、ユーザーは18歳以上から50歳ぐらいまでです。自ずとユーザー数の限界は分かってくるものではないでしょうか。

 

ただハッピーメールのアクティブユーザー数がいちばんなのは、経験上分かることです。でも出てくる数字は、どこのものなのかが分からないのです。ちなみに今僕が知っている出会い系アプリの累計会員数を記載しておきます。

 

YYC700万人
イククル600万人
ハッピーメール400万人
PCMAX 400万人
ワクワクメール400万人
Jメール 300万人

 

このなかで、とくにすごいのはYYCとイククルです。この二つは特別人気があったわけではありません。2009年頃は200万人もあったかというぐらいです。それが突然イククルが500万人とトップページに表示したところから、少しでも多く表示したほうが勝ちと言った雰囲気が出始めたわけです。それから毎年100万人ずつYYCが増え出しはじめて、いまではいちばん多くなってしまいました。累計で700万人になったのは、2014年の夏のことです。
YYCはここのところ運営元が変わり、会員数が増える要素もなかったのですが、3年後には1000万人ぐらいにはなっている計算です。

 

どこでも良いので、このなかでアクティブユーザー数を示してくれるところがあらわれたなら、出会い系アプリの信頼度はもう少し増すはずです。

安全にセフレアプリを使う

ここからはもっとも「セフレアプリ」らしいアプリ、優良出会い系アプリについて触れていこうと思います。なぜなら、このアプリはセフレに出会う為のものなのですが、「セフレアプリの種類」でも述べたとおり、優良出会い系アプリ以外でセフレに出会える確率が高いサイトはないからです。まずは、出会い系アプリの基本的な使い方から話してみようと思います。

 

ご存知のとおり、出会い系サイトは18歳以上の方なら、職業・収入を問わず、国内に住む方なら誰でも会員になれます。また女性は基本的に無料で利用できます。男性はメールを送ったり、プロフィールを見たりするとお金がかかりますが、前もってポイントを購入し、その範囲でやりくりすることになりますので、使い過ぎになることもありません。もともと設定料金自体が安いですから、はじめての方でも安心して使えるのも出会い系アプリの良さです。

 

ただ「出会い系サイト規制法(改正)」によって、2009年から年齢確認が義務づけとなりました。これによって、すべての利用者が18歳以上であることを証明しなければなりません。

 

年齢確認のやり方は、免許証などの公的書類を添付メールで送るだけで認証のほうは済んでしまいます。しかも必要な情報は生年月日のみですから、余計なところは隠しても構いません。出会い系サイトの年齢確認はとても簡単なのです。

 

ちなみに僕は免許証を使居ました。余計な情報は隠せば良かったのですが、それも面倒なのですべてオープンで認証しました。データは年齢確認のみに使われ認証後は責任を持って破棄されます。僕はそれを信じて認証を受けたわけですが、その後、問題になるようなことはおきていません。でも信用できない場合、不要な情報が漏れてしまうのは不安だと言う方は、必要書類と分かる情報と生年月日以外は隠して、認証を受ければ良いでしょう。

 

なお、登録はスマホを使う人が増えていると思います。またガラケーで利用している人も多いと思います。出会い系アプリの場合は一部のサイトを除いて(YYC)、両方とも端末のアドレス(フリーアドレスやウェブメールではない)による登録となります。パソコンを使いたい方も、はじめは携帯(スマホかガラケー)での登録が必要となります。基本的にフリーアドレスでは登録できませんのでおぼえておきましょう。

セフレアプリを使う女性

これはある意味で当たり前と言われそうなことですが、「セフレアプリ」を使っている女性はセックスが好きな人が多いです。

 

でも素人の女性は男性を警戒をするものなので、たとえばセックス好きな雰囲気を上手に表現できないものです。またどれほどセックスが好きなタイプでも、会ってすぐ落ちる人は少ないです。つまり自分でもやりたいタイプの男性でなければ、そう簡単に落ちる人はいません。だから男性からすれば、「セフレアプリ」に登録した女性とは思えないと感じることもあるみたいです。

 

それでもセックスが嫌いで、出会い系アプリを使っている人は少ないはずです。僕の経験でしか伝えられないですが、僕が出会えた人は半分以上の女性がセックスすることを楽しんでいました。それも、ほとんどがピュア掲示板を使った出会いばかりです。ですから、エッチ目的はお断りとなってはいても、いけそうな人と思ったら次もアポを取る努力をします。初回からそういう雰囲気になることはめずらしいですが、次も会える場合はセックスできる確率は高いです。あとはお互いの感じ次第です。

 

でも相手が乗らないタイプの場合は二回目もありません。当然そのときは相手からふられたと思うようにしています。でもどうでしょう。女性も最終的にセックスが目的という方が多いのではないでしょうか。もちろんそれを前面に出すと女性からは嫌われますが、相手が人格的に信頼できるタイプなら第一関門は突破出来ます。その後、セックスに発展するのが二割ぐらいとしても、十分元は取れるのではないでしょうか。

 

なおたんなるセックス好きなら歓迎なのですが、出会い系アプリには性依存症ではないかという人もいるようです。性依存症は立派な病気ですから、前もって分かれば出会わない選択も出来ます。気付かれた方は気を付けたほうが良いと思います。

女性と出会えるまで

実際に出会い系アプリを使ってひとりの女性と出会えるまでに、いったいいくら費やすか。初心者の方は疑問ではないでしょうか。

 

自分を振り返ってみると、大体3000円前後という計算です。これは同じ出会い系アプリでも定額制のサイトがあります。「セフレアプリの種類」のところで婚活アプリというのを紹介しましたが、この婚活アプリはほとんど定額制です。幾らかかるのかと言えばやはり3000円ぐらいなのです。そこでセフレに強い出会い系アプリを使う場合も、3000円を目安にしようと思ったわけです。

 

実際には3000円も掛からず出会えていたと記憶しています。ただ意味もなくプロフの画像を見てしまうと、一気にポイントを消費してしまうと思いますので注意しなければいけません。どうしても画像チェックしたい場合は出会いは捨てて、写真を見ていました。そういうことがたまにはありますが、基本の3000円は超えずに使えるものです。大きなコンテンツを見たりしないで、基本のメッセージの受け渡しとプロフチェック、掲示板のチェックだけで通せば、ひとりの女性と出会えるまでに3000円も掛からないのではと思います。

 

プロフも文字だけなら無料で見れるところが増えましたし、一日一回までの書き込みも以前から無料です。あとはセンス次第で、距離のほうは変わってきますが、はじめての方でも3000円を目安にすると良いと思います。

 

ただアダルト掲示板を使いたいのなら話しは違ってきます。アダルトもピュア掲示板と料金は変わらないのですが、アダルトで出会う女性は“割り切り”と言って、ホテル代などを込みで渡すことを約束させられるのです。その代わりすぐセックス出来るのですが……

 

もちろん“割り切りで負担する費用は出会い系サイト側が要求した金額ではありません。「それってなんか、援助交際では?」と思うでしょう。でも金額の交渉など、隠語が使われているため、はっきり断定は出来ません。こうしたやりとりでは、ホテル代のほかに1万5千円から2万円ぐらいが相場のようです。アダルト掲示板を使ってみようと思っている方は“割り切り”の意味を知ることからはじめたほうが良いでしょう。