高野が激しくオススメしてきたのが、大手出会い系ハッピーメールと、そしてPCMAXの公式アプリでした。
チャットオナニーを楽しみたい10代の女の子は、限りなく100%近くいる。
近場の子に声をかけて、仲良くなればオフパコにも!
彼のこの言葉を信じ、セフレ探しを出会い系サイトの公式アプリでやってみることにしました。

 

 さすがに二つのアプリを同時利用すると、出会いの確率が高まります。
早い段階で、オナ指示出して欲しい女の子と知り合いました。
PCMAXで即通話になったのが、18歳の亜衣子ちゃんでした。
「エッチな言葉言われると、すごく感じちゃうんです」
突然こう言われてしまい、どぎまぎです。
エッチな会話を女の子とする機会もない自分、当たり前のように大興奮。
面識のない女子大生と、LINEでオナ電を開始していくことになりました。

 

 亜衣子ちゃんの反応は、半端じゃないほど上々でした。
「オマンコ広げてみて」
「うん…こうですか?」
「見られてると思うと、どんな気分?」
「いや…そんな…恥ずかしい」
「汁が出てきたろ」
「はい…」
亜衣子ちゃんも興奮してマン汁を出している。
自分も興奮して、チンコはフル勃起。
通話ではあるけれど、一緒にオナニーをするのだから、楽しくないわけがありません。
嫌という程の興奮が、怒涛のごとく押し寄せてくる感じ。
亜衣子ちゃんのアヘ声を聴きながらシコシコ。
シコシコしながら夢中で指示を出す。
このようなオナニーを経験したのも、初体験でした。

 

 ハッピーメールの方でも、通話相手を発見。
LINEでオナ電することになったのは19歳、専門学校に通っている希実ちゃん。
「エッチなオナ指示出してください」と懇願してきました。
別の女の子との、チャットオナニーに、心乱れまくり。
無我夢中でエロい言葉を使う。
言葉責めでどんどん感じて行く女の子。
キュートでエロチックなアヘ声を聴きながら、たっぷり射精できました。
女子中学生や女子高生じゃなくても、エロい行為は楽しい。
これを実感していきました。