フェイスブックを使ったセフレの作り方

フェイスブックを利用したセフレの作り方
 ここではフェイスブックを利用してセフレを作る方法について見ていきましょう。フェイスブックは世界中で利用者の多いSNSとなっています。基本的に実名登録となっており、プロフィールも他のSNSと比べると充実しています。タイムラインなどから相手の素性などが分かりやすくなっている事もフェイスブックの特徴です。相手の素性が分かりやすいので共通の話題や趣味で話は盛り上がりそうなイメージはあるのですが、実際はどうなのでしょうか。フェイスブックを使ってセフレを見つけていく方法をもう少し詳しく見ていきましょう。

アカウントを充実させる

 まずはフェイスブックに登録する事から始めてみましょう。フェイスブックは年齢に関係なく、誰でも手軽に無料で利用する事が出来るSNSとなっております。無事に登録が終わったら、アカウントの充実をしていきましょう。先程も説明させていただいた通り、フェイスブックは基本的に実名登録となっていますので、嘘のプロフィールは止めておいた方が良いでしょう。ここではフェイスブックを利用してセフレを探す事が目的ですが、職場の人や友人や知人に見られる場合もあります。十分に気を付けておきましょう。嘘のプロフィールを記載しておくと、実生活に支障が出てくる場合もあるでしょうし、あなたのプロフィールを見てアプローチを掛けてきた人と話が噛み合わないなどの不具合が出てくる可能性も考えられます。十分に気を付けておきましょう。また、フェイスブックの特徴として、他のSNSとは違いタイムラインを設定する事ができます。タイムラインは一言で言ってしまえば「経歴」の様なものです。あなたの投稿履歴や実際にチェックインした場所や大学の卒業、結婚などのライフイベントなどがどんどん積み重なっていきます。こまめに投稿していくとそれだけ見る人にとっては興味がそそられるアカウントになるという事です。

プロフィールを見ていく

 あなたのプロフィールが充実した所で異性のプロフィールに目を通していきましょう。異性のプロフィールを見ていく時は趣味や興味のある事で話が合いそうかどうかを気にしてみると良いでしょう。インターネット上でお互い知らない人同士が知り合おうとしているので、少しでも共通点が無いとなかなか話が盛り上がりにくいと思います。同じ出身地や同じ学校の卒業生だったりすると親近感は湧きやすいと思います。投稿している写メなどからも相手の趣味嗜好は分かりやすいと思います。

メッセージを送る

 プロフィールを見ていって、趣味などで話が合いそうな異性を見つけたらいいねをつけていくなどを繰り返していきましょう。相手からもいいねを返してもらえるようになったらチャンス到来です!あなたのプロフィールや投稿を見て興味があるという事になりますので、さっそくメッセージを送ってみましょう。相手の投稿などに残すコメントとは違って、相手個人に送るものですから気持ちは伝わりやすくなります。但し、フェイスブックの様な健全なSNSで始めて知り合った相手にいきなり出会いを持ちかけたり、セフレになりましょうという内容はNGです。即ブロックされて、通報されて終わりです。まずは軽く自己紹介や相手が興味のありそうな話題で話を広げてみましょう。

オフパコに誘ってみる

 ここではフェイスブックを利用してセフレを作る事が目的となっていますので、オフパコに誘うとしていますが、これはあくまでも最終目標です。少しメッセージをやり取りしたからといっていきなりオフパコに誘えるという事はありません。趣味が同じで話が盛り上がったとしてもセフレになれる保証はどこにもありません。それとこれとは別の話です。やり取りするメッセージの中でちょっとエッチな会話が違和感なく出来るようになって、ようやく誘う事が出来るかどうかというレベルになります。しかし、いきなりオフパコは絶対に無理です。まずはセックス抜きで食事や遊びに行ったりする程度だと思います。その回数を重ねて、お互いが気に入ればようやくオフパコに誘えるという事になります。

セフレ募集の際の注意点

 フェイスブックは実名登録が原則となっており、プロフィールやタイムラインの充実を行っていないと相手から見向きもされないので、業者が入り込む可能性は低いと思います。しかし、登録時に年齢認証が必要ないので18歳未満が利用している事が十分に考えられます。18歳未満と関わるような事になってしまうと、今の生活が一瞬で無くなってしまいます。どの様な理由があっても罪に問われてしまいます。その為に職を失ったり、家庭を壊してしまう様な事にもなってしまいます。十分に気を付ける様にしましょう。

定番アプリDL無料/登録無料

セフレ募集をするなら迷わずこのアプリ!