すぐにオフパコが決定するなんて、思ってもいませんでした。
DM相手は14歳のJC、裏垢女子としてセフレ探しをしていた女の子。
美優ちゃんという子で、かなり真剣に大人のお付き合いを求めていました。
DMの内容は次の通り。
『最近、すごいムラムラが激しくて困っています。私は真剣に大人の付き合いを考えています。プライベートには干渉しない大人の付き合いです。でも会うのは怖い。だから安心を買うために、初回だけホ別3でお願いできませんか?2回目からはお金はいりません。頂いたお金も二回目からのホテル代に使いたいって考えています』
このメッセージを見て、仰天しました。
完璧な条件。
相手は本気。
初回支払い援交スタイルでホ別3で、待ち合わせすれば、あとはタダマン。
援助交際とかは興味ないけれど、これは問題ないと感じました。
即座に、条件を飲んで、待ち合わせしてもらうことにしました。

 

 見せてもらった写メだって、猛烈なキュートさ。
美少女タレントと同様のルックス。
対面したら、多分勃起しちゃうなとか、どうやって気持ちよくしてやろうか?だとか、たくさんフェラしてもらうぞ!とか考えまくってしまっていました。

 

 自分の期待が水泡(みなわ)と弾け消えました。
なぜかと言えば、待ち合わせ場所にやってきたのは、10代前半ではなかったからです。
あんぐりと口を開け、相手を呆然と見つめてしまいました。
やってきた相手、どんなに無理して、よく見ようとしてもデブスのオバハン。
こういう時、チキンな性格だから断ることもできず。
ずるずると引きずられるように、ホテルに連れて行かれてしまったのです。

 

 悪夢という言葉を、そのまま当てはめることができるのではないか?
後から思えば、こんな感じです。
ホテルでの出来事は、思い出したくもない感じ。
あの行為は、セックスとは言えないでしょう。
しかも3万円も支払ってしまって…。
黒歴史の1ページを刻んでしまった、そんな関係でした。